読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「電源抜いちまうかもう」

だって戻れない。嗚呼。帰れない。嗚呼。時限式カラミティ。

同じ月を見ている【おそ松さん24話によせて】

カラ兄がおそ兄のことを殴った時に
涙がこみあげてきて
そこから声あげてずっと泣いてて
カラ兄がちゃんとしっかりお兄ちゃんやってくれたことも嬉しかったし
でもああいう態度にしか出れないおそ兄の気持ちも痛いほどわかって
今までの関係性や変化がすべて詰め込まれていて。
トド松がきちんとチョロ松のために、兄弟のために怒れたのもよかった。

実は今までを通してずっと気になっていたのが
「おそ松とカラ松だけ外へのパイプがない」ということ。
モブと交流するシーンがないのはこの二人だけだったんだよね。
(チョロはオタ仲間、イチはサンタカップル、
 十四はホームレス、トドちゃんはまぁ割愛で)

だけどカラ松にはチビ太がいた。
チビ太のところに自分から行けたのも
「このままじゃ駄目になる」と自分の口から言えたのもよかった。
弱いところを見せられる相手がいてよかった。
(そしてそのきっかけが5話で、あの事変が結果
 彼に救いの手を差し伸べる人が外部にもいることを気づかせる
 ひとつの契機になったというのが、つらいけど、いい)

数字の民としては、途中まで
十四ちゃんとイチが二人暮らしするんじゃないかと
ほんのちょっぴり期待もしたけど(笑)
きちんと十四松の無事を見届けてあげてから
自分の支度にかかるイチのやさしさが嬉しかった。

イチは本当は弱くなんかない。
というか、あのテの子は、失うものがないんだと
考え方を変えられたら、途端に最強になれるから。
ただその分、ひとりだと自分を痛めつけるまで戦ってしまうから
そんなときにあのモブ彼くんとモブカノちゃんが出てきてくれて
本当によかった。本当によかったんだ。声をあげて泣いた。

トド松。君は自分の弱さを知っている。
それ以上に、自分の強さを知っている。
「兄弟のため」なら弱さを克服できる君が本当に愛しい。
強い自分を知ってるから、本当は甘えたいところを
ポーズ抜きのところでは甘えられない、そんな強い君が好きだ。

チョロちゃん。
君が愛する人との出会いを経て、変わってくれてよかった。
私もがんばる。私もがんばるよ。

こわいんだ。私だって。
もう全部Aパートのトト子ちゃんに刺されたけど
周りはみんな結婚。出産。
まともになんて生きられないなお前も私も、なんて笑っていた悪友が
しっかりと人と繋がり、責任持った仕事に就き、家庭を築いていく。

親が自分を生んだ年齢に近づいていく。
もうすぐ親が定年退職する。
無邪気にタイムカプセルに書いて埋めた夢なんてまるで叶ってない。
一時期は目標もできてそれを追いかけたりもしたけど
いつの間にか純粋な夢と胸の高鳴りは惰性と馴れ合いにすり替わって
チヤホヤされるワナビーの、井戸の中の居心地の良さに沈んでゆく。

SNSでちょっと小粋な自虐ネタを書いて
あるいはそんな人の言葉を引用ばかりして
大丈夫、大丈夫って、気づかないふりしていた。

だって苦しいんだもん。
まともであろうとすることは苦しいよ。
誰かを信じたり、誰かを頼って傷つくのは苦しいよ。
成長するのは苦しいよ。
成長しようとして不格好なのを笑われるより
成長しようとしている人を指さして
冷ややかに笑うほうがずっとずっと楽だよ。

でも、君はそれを乗り越えたんだね。
乗り越えなきゃいけないって覚悟を決めて
誰かのためでなく、自分のために前に一歩踏み出したんだね。

ありがとう。
今度は私が、君に笑われないように頑張るよ。
いつか出会えたら、対等な立場で笑いあえるように、私も頑張ってみる。

兄弟たちは月を見ていた。
空はぜんぶ繋がっているなんて
そんなクサいこというのは恥ずかしいけど。
君たちは、やっと「6つ子のひとり」ではなく
「ひとりの人間」になることを選んだんだ。

そして。
おそ松兄さんのアイデンティティは「6つ子の兄」だったわけだけど
それを構成する「弟」たちがはがされたとき、彼には何が残るのか。
EDが胸を締め付ける。
さわやかジャスティス、松野おそ松。

イヤミがキーになるかな、とは思うけど
そのイヤミをチョロちゃんの運転手で出した以上
今度はおそ兄がひとりで戦うのかもしれない。
お兄ちゃん。君の手には何が残るのだろう。
君は何を選ぶのだろう。



ありがとう。
君たちが前を向いてくれてうれしかった。
がんばるから。私もがんばるから。
君たちに笑われないために。
君たちと笑顔で出会えるために。

最後を見届ける準備はできた。



【追記】
考察を求めてきた方はこちらの記事へどうぞ
kalpa.hatenablog.com